こなん圏域をどないしたいねん!?『すぎたさんとおちさんにきいてみよ~♪』

レポート

参加者数
3(定員:20名/ 0%)

実施結果


福祉先進国、、、そういわれたのはいつのことだろう。
かつては、日本中から利用者も、働き手も目指した滋賀県。
いまは?
滋賀県の障がい福祉はどこに向かうのか?

滋賀県南部に位置する湖南圏域
草津市、守山市、栗東市、野洲市…それぞれの課題がありながら
どうしても4市を一緒に考えてしまうことでの難しさがあるように思えます。
その中で栗東市、野洲市で活動している2人を中心に語らいましょう。

〇出演
杉田 健一 特定非営利活動法人縁活
・越智 昭博 合同会社ケアステーションPina/代表社員
・中川 佑希 オフィスゆうき 代表
・ 岩原 勇気 特定非営利活動法人BRAH=art./理事長

※ZOOM参加用のIDは、開催1時間前には申し込みいただいた方にお知らせします。
Zoom に慣れない方は10分前には入室いただければと思います。
※受信環境の良いところで受講ください。

登壇・出演者

  • 岩原 勇気
    特定非営利活動法人BRAH=art.
    理事長
  • 越智 昭博
    合同会社ケアステーションPina
    ライフパートナーすりーぴ~す
  • 杉田 健一
    NPO法人縁活
  • 中川 佑希
    オフィスゆうき

2020年11月30日(月)
20:00~22:00

タイプ
講演,セミナー・ワークショップ
カテゴリー
教育,社会課題(町づくり)
開催場所
ONLINE
定員
20名

チケット

自宅や職場参加券
¥0
投げ銭
¥500
イベントは終了しました。
使用言語
問合せ先

主催

  • 近江Fukushi大学