【FOOD GROOVE JAPAN】 宮崎県 鏡山牧場 八崎秀則さん紹介

レポート

参加者数
1(定員:30名/ 0%)

実施結果


毎週お届けする、FFCC生産者紹介

第2回は宮崎県の山地で【放牧スタイル】の黒毛和牛を生産している鏡山牧場の八崎さんの登場です

八埼さんは【ただ自然な牛肉】を育てることをテーマに放牧で牧草を食べさせて育てる肥育方法のグラスフェッドを育てております。

日本では珍しい黒毛和牛の自然放牧 
とても勉強になりますので是非ご参考ください

以下、HPより

格別な味わい

​自然放牧黒毛和牛

世界的にブームとなっているグラスフェッドビーフ。近年では海外から輸入されたものが高級スーパーやレストランなどで提供されている一方、国内でグラスフェッドビーフの生産に取り組む牧場はほとんどありません。そんな中、鏡山牧場の国産・黒毛和牛のグラスフェッドビーフに注目が集まっています。当牧場は世界的にも評価の高い宮崎の黒毛和牛を放牧で育てることにより、程よくサシが入った健康的で美味しい赤身肉の開発に成功しました。

牛たちが幸せに暮らすために

放牧という畜産スタイルは、アニマルウェルフェアの観点からも世界的な評価が高まっています。アニマルウェルフェアとは、食肉として人に食される運命にある家畜であっても、その動物らしい生き方をさせようという倫理観に基づく国際的な理念で、日本もこれに加盟しています。牛たちがストレスなく、健康に生きられるように、愛情を持って育てることは、生産者の大きな責任なのです。

これまでの高級牛肉とは一線を画す牛肉です。

鏡山牧場で育つ牛は、国内の食肉牛では珍しい「放牧スタイル」で黒毛和牛を生産しています。

牛を牛舎で飼い、主に穀物類を飼料とする肥育方法をグレインフェッドと呼ぶのに対し、放牧で牧草を食べさせて育てる肥育方法はグラスフェッドと呼びます。

グレインフェッドビーフは、牛舎で行動を抑制し糖質の多い穀物類を食べて育つため、脂肪分が豊富で「サシ」がしっかり入った、まさにとろけるような牛肉です。一般に黒毛和牛といえばこの方法を取りますが、鏡山牧場では放牧で牛を自由に行動させるので余計な脂肪分がつかない赤身のうまさが凝縮するグラスフェッドビーフを育てています。

脂「サシ」の多さよりも赤身肉の美味しさや牛が出荷されるまでのストーリーに共感していただける方々にお愉しみいただきたいと考えております。

株式会社 鏡山牧場(かがみやまぼくじょう)
〒889-0101  宮崎県延岡市北川町川内名6677-6(農場)
〒882-0862  宮崎県延岡市浜町307-1(事務所・出荷センター)

Tel.0982-20-3688  Fax.0982-20-3689
​E-mail:info@kagamiyamabokujo.com

登壇・出演者

  • 鈴木 基次
    合同会社FOOD GROOVE JAPAN
    本部
    心震える食プロデューサー
  • 八埼様

2022年10月11日(火)
9:30~10:30

タイプ
講演
カテゴリー
食・農(和食/創作料理/農業/食の安全)
開催場所
ONLINE(https://us02web.zoom.us/j/84844449023?pwd=cjErWEtsOEZqZ0xzVkNoWVpXTzQxUT09 ミーティングID: 848 4444 9023 パスコード: 170754)
定員
30名

チケット

オンラインチケット
¥0
イベントは終了しました。
使用言語
日本語
問合せ先
FGJ事務局 03-6822-0903

共催

  • 【FOOD GROOVE JAPAN】Food Future Creators Club(FFCC)~食の未来を創るシェフ・サービスパーソンの会~

共催

  • 【FOOD GROOVE JAPAN】~心ふるえる食体験コミュニティ~