放課後支援のこれから

レポート

参加者数
9(定員:70名/ 0%)

実施結果


近江Fukushi大学
福祉先進国、、、そういわれたのはいつのことだろう。
かつては、日本中から利用者も、働き手も目指した滋賀県。
いまは?
※ZOOM参加用のIDは、開催1時間前には申し込みいただいた方にevawatからメールを送らせていただきます。
Zoom に慣れない方は10分前には入室いただければと思います。
※講座はオンライン(ZOOM)受講となります。
受信環境の良いところで受講ください。
PC参加を推奨しております。
--------------------------------------
【放課後支援のこれから】

厚生労働省で開催された「障害児通所支援の適切な運営や質確保についての検討会」の

座長を務められた田村和宏(立命館大学産業社会学部教授)氏に

「放課後支援のこれから」をテーマに講演していただきます。

「親の就労支援も必要だけど、放課後デイは親の就労が理由では使えない問題」

「障害のある子とない子が一緒過ごせるインクルーシブな放課後支援とは?」

「放課後等デイサービスはどうなっていくのだろう」

「こどもにとってどんな放課後がいいのだろう?」

そんな話を「障害児通所支援の適切な運営や質確保についての検討会」の話なども交えながらお話しいただき、私たちがどんな放課後を作っていくか、考えていきましょう。

大津市自立支援協議会放課後等デイサービス部会で行われる講演の様子をライブ中継します。

―――――――――――――――――
【日程】2022年11月11日(金)10:30~12:00
【講師】田村 和宏 氏
【参加費】非会員1,000円
※うまく申し込めない方は銀行振り込みでも相談受け付けます。
【定員】20名
【場所】ZOOM オンライン
--------------------------------------
講師プロフィール:

石川県中能登町(旧 鹿西町)生まれ。1981年石川県立羽咋高等学校卒業。

その後、日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科にすすみ、近藤直子から人間発達や発達保障について学び、1985年卒業。

卒業後は社会福祉法人びわこ学園[4]に就職し、30年重症心身障害児者の療育の場で勤務。重症心身障害児施設(入所)、重症心身障害児通園(通所)、相談支援事業などを実践し、特に障害児者の地域生活支援事業とそれらのシステムやネットワーク形成の充実に力を注いだ。また、医療的ケア児等コーディネーターや重症心身障害児者支援センターの必要性について、早くから「重症心身障害児の地域生活の在り方検討会などで唱えていた。最終びわこ学園障害者支援センターセンター長。大津市における重症心身障害児通園事業ややまびこ総合支援センター(大津支援センター)、相談支援事業の立ち上げ、また滋賀県の重症児者地域生活支援システムの充実に尽力。

2012年日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻(修士課程 通信)に入学、2014年大学院を修了(社会福祉学修士)。2015年より現職。2018年から教授。

登壇・出演者

  • 岩原 勇気
    特定非営利活動法人BRAH=art.
    理事長
  • 越智 昭博
    合同会社ケアステーションPina
    ライフパートナーすりーぴ~す
  • 中川 佑希
    オフィスゆうき

2022年11月11日(金)
10:30~12:00

タイプ
講演,セミナー・ワークショップ,教室
カテゴリー
教育,社会課題(地域活性化/教育)
開催場所
ONLINE
定員
70名

チケット

会員参加
¥0
非会員参加
¥1,000
イベントは終了しました。
使用言語
日本語
問合せ先
090-9169-2428 岩原

共催

  • 近江Fukushi大学

共催

  • 大津市自立支援協議会放課後等デイサービス部会