「I think!」人も組織も成長する~社会人・大学生の合同フューチャーセッション~

レポート

参加者数
29(定員:50名/ 0%)

実施結果


時代の大きなうねりをチャンスとしてとらえ企業が生まれ変わるために今最も必要なのは、“I think”。 昨年11月に開催されたフューチャーセッション「Re-Born(再生)」にて私たちが得た大きな気づきはこのメッセージでした。 そこで、今回は、この気づきを具体的な行動の一歩につなげるべく、 “I think”に焦点をあてて人も組織も成長する未来を探索していきたいと思います。 今回このテーマを企業に限定するのではなく、大学でのサークル活動やコミュニティ活動など様々な場面で「Re-Born(再生)」が起きるように、社会人と大学生とが一緒に未来を探索するセッション(企業間フューチャーセンター&上智大学フューチャーセンター共催企画)として開催します。 “新しい組織像”をイメージしお互いの“I think”をぶつけながら、具体的な行動のヒントを見つける機会として、是非ご活用ください。 今回ゲストとしてご登壇いただくのは、「学習する組織入門」の著者として今大変人気の小田理一郎様です。 変化の担い手(チェンジエージェント)となる組織およびリーダたちの成長・育成を支援している小田様のお話から、様々な刺激やヒントを得ていただければ幸いです。 プログラム 主催者挨拶 塚本恭之  一般社団法人企業間フューチャーセンター(EAFC)代表理事 川西 諭  上智大学 経済学部教授/上智大学フューチャーセンタープロジェクト代表 基調講演 「自分、チーム、組織が変わるために~持続的成長に向けて~」 小田理一郎様 チェンジエージェント 代表取締役社長 小田理一郎様 略歴 オレゴン大学経営大学院経営学修士課程修了。 人や組織が自律的に目的を達成する効果的な仕組みを作るため、2年間の米国留学で組織変革のスキルを学び、多国籍企業で10年間、製品責任者・経営企画室長として組織変革の実務にあたる。 その後独立。企業の社会的使命の追求と非営利組織マネジメントの強化のためのコンサルティング経験を活かし、変化のマネジメントのための開発、研修、コンサルティングなどを行う。 共著書に『なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか』、共訳書にピーター・M・センゲ著『学習する組織』など多数。2017年『学習する組織入門』『マンガでやさしくわかる学習する組織』などを出版し社会人、学生問わず様々な世代から注目を集めている。


タイプ
講演,セミナー・ワークショップ
カテゴリー
知的交流
開催場所
定員
50名

チケット

参加費
¥2,000
イベントは終了しました。

開催場所

使用言語
問合せ先

主催

  • 企業間フューチャーセンター