「顔の見える経済」をつくろう。書籍『ローカルエコノミーのつくり方』トークイベント

レポート

参加者数
3(定員:40名/ 0%)

実施結果


書籍『ローカルエコノミーのつくり方』(「神戸から顔の見える経済をつくる会」著・学芸 出版社)のトークイベントを、9月30日(月)19:00よりshibaura houseで開催します。 書籍『ローカルエコノミーのつくり方』は、ひと言で表すなら「顔の見える経済をローカルが中心になってつくりあげていくべきだ」という話です。 ローカルが中心の時代になるべきと言われて数年がたちます。我々が住む神戸の街では、この数年、自然的地理的利点・地域に眠る産業の発見を通じ、ユニークなこれからのローカル経済を担う仕事が少しづつつくりだされてきました。こうした仕事を生み出しているキーパーソンたちを紹介し、利益や知識がきちんとローカルに残る経済の仕組み作りを考えていこうという主張と事例を紹介しています。(全国書店・インターネットでご購入いただけます) 書籍では6つのカテゴリー(FARMER,BUILDER,MAKER,SPORTS BUSINESS,URBAN PERMACULTURE,AREA DEVELOPER)で神戸ならではの働き方をしている人物や取り組みを紹介している。 いままさに始まったばかりの人口減少時代を、僕たちはどうやって迎えるべきなのか?日本各地で人口を取り合うのではなく、人口が少なくなっても豊かに暮らしていく方法はないか?という疑問を持つのは、僕たちのような地方都市の住人だけでなく、東京で働いている人も同じはず。 ということで、今回は僕たちが東京に出かけて、首都圏で同じような考えを持つみなさんと出会い、一緒にこれからの時代の働き方や経済について話し合うカジュアルな機会を設けます。(神戸からゲストもお連れします) 特に、書籍で取り上げた事例(地産地消のファーマーズマーケット・グロサリーショップ、都市近郊農業・酪農、ローカルならではの建築設計施工業・製造業、地域資源をいかしたスポーツビジネス、アーバンパーマカルチャー、エリア開発)に携わっている人と、濃いお話ができたらうれしいです。 ゲストのひとり、神戸市西区で有機農業を営む大皿一寿さん。日本ではまだ珍しいCSA( 消費者が農家に作付け 費用を先払いし、それを資金に農家は栽培を行い、消費者に野菜を届けるという野菜販売の仕組み )に取り組ん でいる。 当日は神戸の事例も交えながらザックバランに話し合う予定です。 興味のある人は、ぜひページ下方のイベント詳細情報をご確認のうえ「お問い合わせフォー ム」より氏名、年齢、人数、職業、電話番号を記載の上、お申し込みください。定員は40 名となっております。 登壇者: 小泉寛明(神戸R不動産/有限会社Lusie)、大皿一寿(ナチュラリズムファーム)、小泉亜由美(EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET) 尚、登壇者でもある有限会社Lusieやナチュラリズムファームでは、神戸市版地域おこし協 力隊の参加事業者として首都圏からの人材募集を行っています。ご興味のある方はこちらも あわせてご覧ください。 (有限会社Lusieの人材募集 / ナチュラリズムファームの人材募集) お申し込みお待ちしています!

2019年9月30日(月)
19:15~21:00

タイプ
講演,セミナー・ワークショップ
カテゴリー
社会課題(地域活性化/町づくり)
開催場所
東京都港区 | SHIBAURA HOUSE
定員
40名

チケット

参加チケット(スナック・ワンドリンク込)
¥1,000
イベントは終了しました。

開催場所

東京都港区芝浦3-15-4
使用言語
問合せ先

協力

  • evawat